温泉のにおいの成分は?

群馬県の草津温泉などの観光地を訪れますと、その湯畑では独特な鼻をつくような匂いがまず印象強いのではないでしょうか。草津温泉の源泉は、「酸性泉」や「硫黄泉」などがその主であるようです。

医師などの専門家の指導のもとに、皮膚病などの療養にも用いられているようですが、肌の刺激が比較的強いようですので、小さなお子様やご高齢のお年寄りには、温泉に含まれる成分の刺激が強すぎる可能性もあるようです。そのような刺激が強めの源泉には、お風呂上がりに水道のお湯などでかけ湯などをすることが望ましいとされております。

草津温泉の湯畑の独特な匂いは、硫黄の臭いの素とされる硫化水素の臭いであるようです。温泉のあの独特な匂いを嗅いだだけでも、リラクゼーションを感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

在宅ワークなどにおける長時間のデスクワークは、眼精疲労、肩こり、腰痛などを引き起こす原因にもなるものの、マッサージや整体などの施術に通院することを敬遠されていらっしゃる方も少なくないようですので、それぞれの症状を解消するためにも、市販の入浴剤などを用いながら温泉気分でリフレッシュされるのはいかがでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です