肥料の種類を考える

「堆肥」は「肥料」と同じようなニュアンスで捉えられがちですが、「堆肥」と「肥料」は使われるその目的が異なります。「堆肥」は土を元気にするために土に混ぜるものです。皆さんのご家庭から出される生ごみや、落ち葉、雑草、ワラ、もみ殻などを集めて発酵させることで「堆肥」として利用することができます。自然界の山や森林のなかにおいては、その年の秋になどに落ちた落ち葉や生き物たちの亡骸が、堆肥となって土に還り新たな生命をうみだします。皆さんがご家庭の家庭菜園などで土づくりをされる際には、「堆肥」をご自身で土に混ぜ込むことで土が健康に保たれるのです。「肥料」は土を健康にするためのものですが、「肥料」は、植物が成長しやすくするものです。また「緑肥」は、土を健康に保つ「堆肥」の一種でありますが、畑に生えている雑草や堆肥として有用な草花を利用して、細かく砕いた草木を発酵せずにそのまま土に混ぜ込む方法です。どれもこれも多く土に与えれば、良い土壌環境づくりとなる訳ではなく適量があることをまず知らなくてはなりません。またその時期も重要となりますので野菜の栽培は一年を通してやることが満載です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です