「チアシード」のとろみは何?

皆さんは、世界的にも注目を集めるスーパーフード「チアシード」をご存知でいらっしゃいますか。「チアシード」はメキシコ原産によるシソ科の植物の種であるそうですが、皆さんはどのように摂取されていらっしゃいますか。先日、某スーパーにてドリンク飲料にチアシードが入ったものなどを見かけましたが、その独特な種の周りのゼリー状が苦手な方もいらっしゃるかもしれませんね。このゼリー状の部分は、実は食物繊維であるそうです。水などの水分に浸すことによって、種の周りがゼリー状になりそのカサは約10倍にもなるといわれております。チアシードを使用した食品や飲料水は、このゼリーの部分によって満腹感があることから、現代人にありがちな食べすぎや暴飲暴食を防いだり、豊富に含まれる食物繊維によって便秘解消などの期待が持てるそうなのです。またチアシードには豊富な栄養素が含まれており、なかでも必須脂肪酸であるオメガ3系の栄養素が豊富に含まれているようです。オメガ3系の栄養素は、現代人が乱れがちな生活習慣病などの予防にもつながり、種をすりつぶすことによって、さらに吸収されやすくなるなどと考えられているようです。チアシードの味や香りが特にないと感じることが多いようですが、独特なプチプチとした食感や、水につけた際の周りにできるゼリー状のとろみなどが苦手とする方も少なくないようです。チアシードにはオメガ3系の栄養素やグルコマンナン、タンパク質、ミネラルといったような栄養素が豊富に含まれておりますので積極的にお料理に加えながら摂取することで健康管理にもつながるのではないでしょうか。最近では、そのゼリー状のとろみを利用した形でフルーツジャムなどと一緒に摂取される方などもいらっしゃるそうです。チアシードは美容意識の高い女性の間でも注目されていることから、飲食店やカフェなどではチアシード関連メニューとして、スムージーやフレッシュジュースのトッピングなどとしても活用されているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です