マリーゴールドの咲く農園で

コンパニオンプランツについてその存在や仕組みなどをネット上や専門書などで調べてみますと、キク科の植物でもあるマリーゴールドがコンパニオンプランツの代表格として知られているようです。マリーゴールドのその名を聞きますと、有名歌手の楽曲名を思い出される方もいらっしゃるかもしれませんが、マリーゴールドは温かみのある暖色系の花として知られておりますが、家庭菜園や市民農園などの狭い敷地内で様々な野菜や植物を育てる際のコンパニオンプランツとして大活躍をするのがマリーゴールドでもあるようなのです。マリゴールドは、別名「植物のお医者さん」などとも呼ばれコンパニオンプランツとしては大変優秀な植物であるようです。特に数多くの野菜や植物との相性が良いことが知られているマリーゴールドをコンパニオンプランツとしてうまく使用することで、植物を育てる際に使用される農薬や化学肥料などの量を減らすことにつながると考えられているようです。コンパニオンプランツは、野菜や植物などを近隣に育てる事によってお互いに与える良い影響を利用し合いながら、害虫や成長を促す考えのもとにまとえられた植物同士の相性などを表すものです。マリーゴールドは、多くの植物との相性が良いことからコンパニオンプランツとして日引っ張りだこの存在でもあるようです。皆さんも、野菜農園のなかに咲くマリーゴールドをみかけたら、お仕事中であるのだなと声援を送ってあげてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です