サンマ

栄養価が非常に高いサンマ。野菜と一緒に食べて健康効果を高めていきましょう。からだの疲れを取ってくれて、栄養補給にも最適な食材です。サンマには、とくいにビタミンDやB12が多いことが知られています。ビタミンDというのは、腸内でカルシウムやリンの吸収を促進します。これは骨を丈夫にするのにとても役立ちます。サンマはカルシウムを含みますので、骨粗鬆症の予防に優れている魚です。ビタミンB12というんは、赤血球をつくる造血作用があります。鉄分も含まれるので、貧血予防や皆瀬にとても有効です。ビタミンB12は血合いの部分にとくに多く含まれています。他の青魚と同じように、EPAやDHA、オレイン酸といった脂質も豊富です。血栓を予防して、脳の働きを高めてくれます。また、サンマのタンパク質を構成しているアミノ酸は、質や量とともにとても優れています。ビタミンAやEのほかにも、各種のビタミン、ミネラルも豊富に含まれています。サンマの効果をまとめますと、栄養補給、血栓予防、骨粗鬆症予防、貧血の改善となります。サンマは太めの方が脂が乗っています。野菜と一緒に摂るべき魚です。野菜のなかでも、大根おろしを添えて食べる人が多いと思いますが、ダイコンのビタミンCがサンマを焼いたときのやけこがしの発がん性物質を抑制してくれます。ビタミンA・Eは、サンマの腸にたっぶりと入っています。免疫力向上、がん予防、不妊症改善、精子機能増強といったことが期待できます。サンマはショウガ煮がおすすめです。ショウガは保湿効果が非常に高い野菜です。サンマとショウガと一緒に食べることで、貧血や冷え性予防の効果もあります。煮るときは落し蓋をしましょう。じっくり煮て骨ごとでどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です