イワシ

イワシというのは健康への効果がとても高い魚です。

イワシに含まれるEPAは血中コレステロール値を減らしてくれますし、脳の働きを高めるDHAといった不飽和脂肪酸がたくさん含んでいます。

青魚は身体に良いと言われていますが、イワシはトップクラスです。カルシウムも豊富に含まれています。さらにカルシウムの吸収を20倍もアップさせるビタミンDも多量にあります。だから、イワシを食べることで、カルシウムの吸収量が非常によくなり、骨粗鬆症の予防や、精神の安定といった効能がとても高いのです。

骨を丈夫にしてくれる上に、イライラの解消にも役立ちます。

老化を予防してくれるレチノールや核酸という成分や、脳神経の働きを高めるナイアシンといった成分も含まれています。

イワシの中で、食用となるのは、マイワシやカタクチイワシ、ウルメイワシ、キビナゴなどです。目指しやしらす干し、たたみイワシといった加工品もたくさんあります。

また、EPAやDHAといった脂肪酸は酸化しやすいのですが、酸化を防ぐ作用のあるβカロチンやビタミンC・Eを含む野菜と一緒に食べましょう。

イワシのマリネに、野菜であるたまねぎやトマト、スライスしたにんじんといったものを混ぜ込みます。野菜の中でも、セロリなど香味野菜もとても合います。

DHA、EPAをたくさん食べるのにマリネは最適です。

レモンを掛けるのもいいとおっもいます。

イワシはまるごと食べるのがおすすめです。DHAというのは、記憶力向上、認知症予防、視力回復といったことと安眠にも効果があります。EPAは脳卒中予防、動脈硬化予防、中性脂肪低下も期待できます。

血栓予防や健脳、老化予防が期待できるイワシ。

栄養の宝庫です。たくさん食べましょう。

       

Reichs bruecke 食事で高める免疫力