はじめまして、管理人の小江東です。

さっそくですが閲覧してくださっている方々へ質問です。

「健康」は、身体にとっては当たり前の事であり、もし、その「健康」を、皆さん自身が邪魔をしているとしたら、皆さんの日々の暮らしぶりをどうお考えになりますか?

私は自分が「健康に良い」と思っていた行動が、反対に「健康を妨げる」行動になりかねないとは思ってもいませんでした。

人間の身体そのものには、「自然治癒力」というものが備わっているようなのですが、その「治癒力」に働きを与えているのが、皆さんの「暮らし」や「生活」であるようなのです。

そしてそこには、食事がベースとなる栄養素の補給がありますが、その他にも、おおまかに睡眠、労働などがあります。

しかし、皆さんの生活はそれだけではないはずです。

皆さんがもし「健康」になりたいと考えているのであれば、まずは、自分自身の日常生活の中に隠れているヒントを探してみるのが良いでしょう。

このような事を言っていると、健康食品や、サプリメントは止めた方が良いですか?などと質問を頂く事がありますが、では、どうして皆さんは、健康食品やサプリメントを摂取しているのですか?

「健康」になりたいからというような回答であれば、まずは、本当に、それらの栄養素が必要であるのかどうかを疑ってみましょう。

無意味な栄養素を、摂取し続けていても、皆さんの健康には結び付きません。最近では、ビタミン外来などと称する、栄養補給に関するアドバイスをもらえるような外来医療機関が設置されはじめているようです。

ただ単に、やみくもに健康食品やサプリメントなどを摂取する事で、栄養素を身体に取り入れるのではなく、皆さんのお悩みや目的に合わせた栄養素のサポートを、助言してくれるような医療機関となるようです。

今後の、超高齢化社会を支える上でも、必要性の高い健康の相談窓口となるのではないでしょうか?

       

Reichs bruecke 食事で高める免疫力